Wing~田中翼のアンティーク着物~

Antique KIMONO shop in GINZA

10/29金-10/31土 Popup in KAPUKI<夢幻アナクロニズム vol.3>商品紹介③

10/29-10/31

KAPUKI×Wing Popup

<夢幻アナクロニズム vol.3>

 

f:id:wing_kimoo:20211022151437j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022151413j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022151543j:plain



 

場所 KAPUKI(中目黒)

https://kapuki.jp

時間

10/29金 12:00-18:00

10/30sat&10/31sun 11:00-18:00

 

 

 

販売商品

 

踊る骸骨 名古屋帯

f:id:wing_kimoo:20211022221756j:plain

f:id:wing_kimoo:20211022163400j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022163416j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022163435j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022163409j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022163444j:plain

着物において粋筋の代表柄はやはり髑髏。当時から玄人好みの通なモチーフの1つでしたが、厄除けのモチーフとしての側面もあります。人の命を連想させる骸骨は、再生の意味合いもあり、非常に縁起のいい文様です。こちらは古い男襦袢用の生地から仕立て直した帯。踊る骸骨が楽しげで、気分も上がりそうな明るい帯です。

 

 

 

角帯 骸骨

f:id:wing_kimoo:20211022221900j:plain

男性用の角帯です。着物において男性ものは女性に比べるとシンプルな物が多いですよね。それはアンティークの時代も実は同じ。今と同じように無地や縞・格子が主流でした。代わりに、襦袢や羽裏などの内側に凝るのが当時のトレンド。男は見えないとこにおしゃれしてこそかっこいい、ということですね。でも今の時代、男女の別なく、見えるところにおしゃれしたいですよね。というわけでこちらは男性の襦袢から角帯に仕立て替えたものになります。時代の変化とともに、内から外へ。姿を変えてまた楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

トリコロールボーダー 仕立て上り名古屋帯

f:id:wing_kimoo:20211022221836j:plain

f:id:wing_kimoo:20211022164651j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164711j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164720j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164728j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164745j:plain

 

トリコロールカラーの帯は、アンティークの着物を解いた生地から仕立てました。ちなみになんと少女の着物だったものです。今では見慣れた配色ですが、当時はモダンで新鮮だったはず。当時の質のいい綸子から仕立てている帯は適度に艶があり、デニムから染めの着物まで様々な素材によく馴染みます。ヘビロテの一本として是非。

 

 

 

クリスマス 名古屋帯

f:id:wing_kimoo:20211022221806j:plain

薔薇のリースの名古屋帯。ロマンチックなデザインもメリハリの効いた赤のバイカラーとの組み合わせなので甘すぎず辛すぎず絶妙なバランス。繻子の帯地の艶感がエレガンスな帯!

 

 

 

グラフィカル縞 名古屋帯

f:id:wing_kimoo:20211022221820j:plain

f:id:wing_kimoo:20211022164133j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164154j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164206j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164217j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164144j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164227j:plain

 

グラフィカルな縞模様の帯はむしろ今のモードに近い感覚で着用できそうなデザイン。織帯は適度に固さがあって銀座結びでもお太鼓でも形を作りやすく、結びやすさの点でもおすすめです。

前がボーダーになるの地味に可愛いなーって思ってます。

 

 

 

80s風幾何学柄

f:id:wing_kimoo:20211022221850j:plain

f:id:wing_kimoo:20211022164600j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164611j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164641j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164621j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164632j:plain
f:id:wing_kimoo:20211022164702j:plain

 

幾何学模様の織帯は、80sストリート感あるカラーが魅力。古い帯は色や質感がよく馴染んでいるので、金銀を使っていても華美にならないのがいいところ。デニムなどカジュアル着物との相性抜群です。

 

_______________________________________

 

 

これからの秋冬、KAPUKIのデニム着物や木綿などのカジュアルアイテムから、上質な絹物、そして大人が着こなせる振袖に向けた帯など、

KAPUKI店主のレイコさんがWingアイテムの中からセレクトしてくださったアイテムが並びます。

レイコさんセレクトはまたWingの視点とは変わり、より現代的なアイテムにあうような、今の感性を感じる構成になってますので、

アンティーク気になるけど、いきなり全身はちょっと...というお客様も使いやすいアイテムがあると思います。

 

またいつもWingをご贔屓にしてくださる皆様も、場所が変わるとまた違う良さが見えるかと思いますので、是非遊びにいらしてくださいね。

店長・堀江も期間中は店頭にいる予定です。

KAPUKIのアイテムが気になる方は、堀江もおりますのでこの機会に是非チェックしに行くのはいかがでしょう〜私はいつものごとく横で賑やかにしております。

 

夏に移転した広くて素敵な新店舗でのイベントになりますので、秋の着物日和、是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

全商品通販も。

お問い合わせはKAPUKIでも、Wingの公式ラインなどでも大丈夫です!

 

 

・帯は全て1点ものになります。
店舗および通販でのご購入は10月29日(金)12:00よりスタートいたします。
〈お問い合わせinfo@kapuki.jp〉
※ ご来店のお客様を優先とさせていただきます。

・期間中はオープンデイとなりますがご予約を頂いたお客様優先でのご案内となります。

・店内が混雑した場合はご入店をお待ち頂く場合がございますので予めご了承くださいませ。